スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉里吉里5

  • 2008/02/02(土) 20:39:38

架空戦記のための吉里吉里/KAG紙芝居講座
第五回


百合分が足りない。
よーし水銀明日は百合話書くぞー。

今回は↓これ!

05-1.jpg

サンプル!

04.ks

[position layer=message0 frame="三国枠.png"]
[position layer=message0 left=50 top=300]
[position layer=message0 marginl=150 margint=40 marginr=10 marginb=45]
[position layer=message0 visible=false]
[position layer=message1 left=190 top=432 width=150 height=20]
[position layer=message1 marginl=5 margint=-5 marginr=5 marginb=0]
[position layer=message1 opacity=0 visible=false]

[position layer=message2 frame="三国枠.png"]
[position layer=message2 left=50 top=20]
[position layer=message2 marginl=150 margint=40 marginr=10 marginb=45]
[position layer=message2 visible=false]
[position layer=message3 left=190 top=152 width=150 height=20]
[position layer=message3 marginl=5 margint=-5 marginr=5 marginb=0]
[position layer=message3 opacity=0 visible=false]

[current layer=message0]
[deffont color=0xffffff shadow=false size=19 face="MS ゴシック" bold=false]
[resetfont]
[current layer=message1]
[deffont color=0xffffff shadow=false size=19 face="MS ゴシック" bold=false]
[resetfont]
[current layer=message2]
[deffont color=0xffffff shadow=false size=19 face="MS ゴシック" bold=false]
[resetfont]
[current layer=message3]
[deffont color=0xffffff shadow=false size=19 face="MS ゴシック" bold=false]
[resetfont]

[layopt layer=0 index=1500000]
[layopt layer=1 index=1510000]
;==========ここまでfirst.ksに書いてもおk===========

[image storage="背景.png" layer=base]
[cm]
[b s=真03.png n=真]
あー、これも定番だよね。[r]
でも結構めんどくさくないかな。[p]

[a s=雪歩03.png n=雪歩]
マクロさえ組めば簡単だって。[r]
こんな感じでね。[p]

[b]
そうなのかー。[p]

[a]
そうなのー[p]

[cm]
[a s=真03.png n=真]
[b s=雪歩03.png n=雪歩]

[a]
場所変わってみようか[p]

[b]
いえー[p]

[aoff]
[l]
[boff]
[l]




「え、これだけ? 簡単すぎね?」
ってくらい簡略化してます。
これくらいしないとダルくてやってらんなくなります。

[a s=雪歩03.png n=雪歩]
[a]

[b s=真03.png n=真]
[b]

aが画面上、bが画面下のメッセージレイヤとなります。
l=0、l=1で指定してもいいんですが、それ書くのも面倒なので、マクロを分けました。

それじゃ追記するマクロを見てみましょう。

[macro name=a]
[if exp="!kag.fore.messages[2].visible"]
[position layer=message2 visible=true]
[position layer=message3 visible=true]
[endif]
[if exp="mp.s!=''"]
[backlay]
[image layer=1 storage=%s visible=true left=69 top=40]
[endif]
[if exp="mp.n!=''"]
[current layer=message3]
[er]
[style align=center]
[ch text=%n]
[endif]
[current layer=message2]
[er]
[endmacro]

[macro name=b]
[if exp="!kag.fore.messages[0].visible"]
[position layer=message0 visible=true]
[position layer=message1 visible=true]
[endif]
[if exp="mp.s!=''"]
[image layer=0 storage=%s visible=true left=69 top=320]
[endif]
[if exp="mp.n!=''"]
[current layer=message1]
[er]
[style align=center]
[ch text=%n]
[endif]
[current layer=message0]
[er]
[endmacro]

[macro name=aoff]
[position layer=message0 visible=false]
[position layer=message1 visible=false]
[layopt layer=0 visible=false]
[endmacro]

[macro name=boff]
[position layer=message2 visible=false]
[position layer=message3 visible=false]
[layopt layer=1 visible=false]
[endmacro]



こっちの方がめんどいw

まあ、マクロの説明はいらないかな?
とりあえず使い方だけ説明しときます。

[a s=画像ファイル n=名前]
[a]

これは画面上のメッセージレイヤで使用します。bは下ですね。
まず上段は、何も表示されていない、又は登場人物を変える場合に使用します。
下段はcurrentと同じです。a(画面上)かb(画面下)のメッセージレイヤを操作対象にします。
aoff、boffは、メッセージレイヤと顔グラの消去。aは上、bは下。
サンプル見れば大体わかるかと思います。

[b s=真03.png n=真]
下のメッセージレイヤだけを使うようにも出来るんだって。[l]

[b s=雪歩03.png n=ゆきぽ]
へー[l]



とか、bだけでもおk。
このときは発言毎に人物が切り替わるので、画像と名前を指定してやります。

「画像だけ変更したい」「名前だけ変更したい」というときは

[a s=真03.png]
[a n=真]

でおk。



こんな感じかなー。

顔グラの表示位置と、セリフ枠とマージンを変更すれば大抵の紙芝居に対応できるかと思います。

あとは細々とした小ネタを書いていこうかと。
質問などありましたらコメにてどうぞ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。